ECサイト構築 モール出店
ネットショップ運営代行
WEBサイト制作 運営コンサルティング

ECモール出店
Amazon出品
カートASP

オークション・フリマアプリ

それ以外にもフリマアプリやオークションでの出品、広告やメルマガ、クーポンなどEC、ネットショップに関すること全てトータルにサポート。

「インターネットで商品を売る」ことにこだわっています。
ランディングページを作るだけの
ウェブ制作会社ではありません!

事業概要

昨今の成長著しいEC業界。日本最大のモールである楽天市場の国内EC事業の流通額は2016年に3兆円を超え、続くAmazon、Yahoo!ショッピングなども出店数や流通額を伸ばしています。
インターネット通販での買い物を一切したことがないという方は最早少ないのではないでしょうか?
何かを販売する、何かの事業をするということにおいて、最早インターネットという入り口を設けないということは考えられないという時代に入ってきています。
とは言え、プログラマーを雇うのは難しいし、実店舗や他の業務との兼ね合いでなかなか本腰を入れて取り組めない…といった悩みもあろうかと思います。
弊社は楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonマーケットプレイスなどで実際に自分の店舗を運営してきた経験を活かし、モール出店や自社サイト運営を一からサポートさせていただきます。

1.モール出店

2017年現在、国内最大のショッピングモールである楽天市場。1億人以上の会員を擁し、4万店舗以上が出店をしていますが、出店をしたからといってすぐに何でも売れるという訳ではありません。また、出店にあたっても審査があり、出店審査に通ったあとは実際に店舗ページを作って今度はオープン審査。こうしたプロセスは一刻も早く商品を売りたい店舗様にとっては一刻も早くクリアしたいものです。また、楽天市場を始めとした各モールには独自のローカルルールのようなものも多数あり、各種審査を通す「コツ」が存在します。さらには、その審査基準は常にアップデートされるので、効率良い審査通過のためには常に最新の情報収集が不可欠です。
弊社では実際に出店希望のお客様とお会いし丁寧に状況を聞き取った上で、出店申し込みから全面的にサポートいたします。どういう書類を準備すべきなのか、どういう申込みの仕方が審査を通りやすいのかといった最初の段階から、実際に「売れるショップ」作りを提案して参ります。
もちろん、楽天市場に限らずYahoo!ショッピング、DeNAショッピング等のモール出店もご相談ください。

2.Amazon出品

楽天市場と国内ECのシェアを争うAmazon。楽天市場への出店を果たしたら次はAmazonに…とお考えの方も多いかと思われます。
Amazonの大口出品者登録から実際の出品作業、FBA納品などのプロセスは売ろうとしている商品によってその手間が大きく違います。また、相乗り出品と自社JANコードを取得しての出品、それぞれメリットとデメリットがあり、製品の特性や出品者の状況によって使い分けるべきだと考えます。
弊社では実際に多数のジャンルの商品を出品してきた経験を活かし、お客様にとって最適な出品方法をご提案することが可能です。

3.自社(本店)サイト構築

楽天市場やAmazonなどへの出品は大きなアクセスがある場所への出品という魅力がありますが、同時にロイヤリティや出店費用、広告費などのコストがかさむ部分でもあります。またモール独自の規約やルールに従う必要もあるために、出品に制約がかかり思うような商品展開ができない場合もあります。
理想を言えば自社のサイトで固定のコストを抑えつつ、商品の販売をしていきたいと考える出店者の方は数多くいらっしゃいます。
とは言え、自社サイトを出すとなるとドメインを取得して、サーバーを契約して、カートシステムを導入して…と、モール出店よりも専門的な知識が必要な段階が数多く存在することで二の足を踏んでしまうといった事例が多いという話もよく聞きます。
実際にどういったサービスを利用すべきか、どういうショップが必要なのかということは、販売している商品やそれぞれの事業者によってまさに十人十色と言えます。
弊社では販売商品に合わせた販路のご提案、コンサルティングから実際のドメイン取得などの代行、BASEやSTORES.JPなどの無料ASP,MAKE SHOPなどの本格カートASPやEC CUBEを利用したショップ構築までを幅広くサポートいたします。
昨今、簡単にネットショップが開店できると謳うサービスは数多く存在していますし、実際に便利なサービスも多数あります。そのどれを利用すべきでどれを利用すべきではないのか、最新のEC業界の情報を交えてサポートいたします。
また、EC事業者では意外と見落とされがちなコーポレートサイト。BtoCではお店がきちんとしていれば事業概要などを紹介した会社のサイトはなくてもいいという声もありますが、モール出店から銀行口座の開設などはもちろん、お客様も意外とどんな事業者が販売をしているのかということを気にしています。
シンプルで構いませんが、事業概要がわかりやすく、どんな事業者なのかという「顔」が見えるコーポレートサイトの制作ももちろんお手伝いさせていただきます。

4.EC運営代行、コンサルティング

モール出店や自社ネットショップの制作だけでは収益は入ってきません。見やすくて綺麗な商品ページを作り、それを購入してくれるお客様が出てきたら、今度はその商品を梱包して発送し、実際に商品がお客様の手元に届くことによって初めてその商品が「売れた」ということになります。
受注管理からクレーム処理などのお客様対応、梱包や配送業者との契約に至るまで、分からないことや不安なことは何でもご相談ください。
クレーム処理はまたそのお客様に気に入っていただけるチャンスでもありますし、販売商品によっては物流のアウトソーシングなどをご提案させていただく場合もあります。
そのお店にとって最適な運営をお客様と一緒になって模索し、提案をしていくコンサルティング業務は、「綺麗な商品ページを作っただけ」で終わってしまう他社様と比べても弊社の大きな売りの一つです。
また、商品選定や広告についてのご相談にも対応させていただきます。「こういう商品がほしいんだけど…」「こんな商品があったら売れそうなんだけど作れないかな…?」といったお客様の声を形にし、実際に販売するにあたって最適な広告を提案していくというトータルサポートが可能ですので、お客様の率直なアイデアに合わせてOEMや仕入れの段階から様々なご提案をさせていただきます。

5.商品撮影や商品説明文もおまかせください。

様々なインターフェースで商品を売ることができる環境が整いつつある現代ですが、インターネットでの買い物において圧倒的に大きなウエイトを占めるのは商品画像です。商品の魅力を引き出し、お客様にこの商品が欲しい!と思わせるにはやはり魅力的な商品画像が不可欠です。
また、プラットフォームによって最適な商品画像というのは明確に違います。(楽天市場とAmazonでは同じ商品でも全く見え方が違います)それを理解した上で、売れるセオリーにもとづいて商品画像を制作いたします。また、商品の魅力やポイントをわかりやすく伝える商品説明文なども、実際に店舗様にお話を伺った上で制作させていただきますので、ネットショップは初めてでどうしたらいいのかわからないという業者の方こそぜひご相談ください。

最後に

成長産業であるEC業界だからこそ、その常識は日々変化しています。多店舗展開はもちろんのこと、フリマアプリやコンビニ/ロッカー受取など最新のサービスが毎日のようにリリースされ成熟していきます。
常に最新の情報を基に的確なご提案をさせていただきます。

会社概要

社名:合同会社MAPLE WORKS
所在地::〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-16-505
代表者:代表社員 遠藤泰介
設立:平成29年3月28日
資本金:3,000,000円
事業内容:ウェブサイト制作業務・通信販売業務・広告代理業務・経営コンサルティング業務・他

Company Overview

NAME:MAPLE WORKS LLC.
HEAD OFFICE:2F, Gloria Miyamasuzaka3 North Bldg, 10-7, Shibuya 1chome, Sibuya-ku, Tokyo ZIP150-0002
BOARD OF MANAGEMENT:CEO Taisuke Endo
ESTABLISHED:2017.3.28
CAPITAL:3,000,000JPY
BUSINESS AREA:Website Creation, Consulting about electronic commerce, Advertising agency

お問い合わせ